目立たなくほくろ除去できる【炭酸ガスレーザーによる除去がお勧め】

サイトメニュー

美容医療の利点

女性

形成外科の知識が大切

形成外科と美容皮膚科も併設している美容整形外科クリニックは少数ではありません。したがって、外科手術に限らず、様々な美容医療が提供されています。注射治療やレーザー治療など、メスを入れない施術も多いため、美容整形外科に対しての抵抗感がなくなってきたと言う人が増加傾向にあります。ほくろ治療もその一つで、小さな組織に関しては、炭酸ガスレーザーで飛ばす方法が主流です。レーザー機器を正しく使うために専門医制度などもありますが、改良が進んだ機器ではコンピューター制御機能が搭載されており、治療に医師の腕が影響する可能性は低くなりました。ですから、レーザー治療はどの医師でも安心と言えますが、メスでほくろをくり抜く切除法に関しては、美容外科医や形成外科医の腕の見せ所です。形成外科を学んだ医師は、一般的な縫合方法とは違う、真皮縫合で縫って仕上げます。真皮縫合の大きなメリットは、より目立たない傷跡にできるという点です。また、表皮で縫合すると起こりがちな傷口のひきつれを防げたり、溶ける糸を用いるために抜糸が不要だったりするのもメリットです。真皮を縫合した後の表皮の処理は、皮膚表面接着剤を用いると縫合と抜糸の必要がなく、接着剤は傷が治ると共に剥がれていきます。美容医療を提供するクリニックは、皮膚や見た目を綺麗にする医療を提供するのが使命なので、ほくろ治療でも治療後の肌状態を見据えた治療を考えてくれます。真皮縫合で処置するなど、様々な工夫がなされますが、そもそも美容外科医になるのに特別な資格や経験は必要ありません。医師免許を取得すればすぐに美容外科医を名乗れます。ですから、美容外科医であれば高い技術を持って施術してくれるという固定観念は危険です。特に顔にあるほくろを取るときは、慎重に医師を選びたいところです。多少の傷跡が残ってしまうのは仕方のないことではあるものの、ケロイドが残ることに納得できない人は少なくないでしょう。ケロイドが残りやすいのは、鼻の下にあるほくろをくり抜き法や電気焼灼法で処置する場合です。また、表皮縫合した後に残ることもあります。目立つ部分のほくろを除去するときは、痕の残りにくい治療法を提案してくれるのはもちろん、形成外科のスキルがある医師を選ぶのが賢明です。さらに、瘢痕が残ったときの治療法や費用についても確認しておくと安心です。それから、小さなものを除去する際に適したレーザー治療は、炭酸ガスレーザーが主流になっています。しかし、これよりも傷跡が残りにくいQスイッチレーザーを導入するクリニックも出てきました。レーザー治療を受ける際は、機種を確認するといいでしょう。