目立たなくほくろ除去できる【炭酸ガスレーザーによる除去がお勧め】

サイトメニュー

状態に適した治療法を

カウンセリング

予約を入れて受診して

ほくろは基本的に全身どこにでもできます。大きかったり、出っ張っていたりして、邪魔に感じることもあるかもしれません。正式名称は色素性母斑と言い、良性腫瘍として分類されるので、自費で治療するのが一般的です。ほくろの除去方法はいくつかあるものの、美容クリニックではレーザー施術かメスによる切除法が主流となっています。他には電気焼灼法やくり抜き法などが挙げられます。電気焼灼法は電気メスと言われる高周波電気治療器を用いて、病変部を焼く方法です。隆起しているものや切開できないところにあるもの、小さく黒いものなどに適します。くり抜き法はパンチのような器具でくり抜くという単純な方法ですが、傷が深くなるのがネックで、行っている医療機関は少ないです。傷跡がケロイド化することがあるので、小さなものにしか適用されません。レーザーは炭酸ガスレーザーなどが用いられ、病変部を高い熱エネルギーで飛ばすことで治療します。くり抜き法と同様の効果であるものの、経過が良好で傷跡が残りにくいです。いずれも大きなほくろを取るには適さないため、多くのクリニックでは5mm以上の場合は切除法を選択します。組織より大きく切り込むため、一本線状の傷跡が残るのは覚悟しなければいけません。多くは何の問題もない良性腫瘍であるものの、中には見た目がほくろにそっくりな悪性腫瘍も存在します。左右非対称で淵がギザギザ、色が均等でない場合は、悪性腫瘍の可能性もあるため、皮膚科で見てもらうのが安心です。そうでなく、美容クリニックを受診する場合は、予約を入れてからカウンセリングを受けます。予約は電話が一般的ですが、WEB予約を受け付けているクリニックもあります。カウンセリングではほくろの状態を診察し、治療法と治療費の説明を受けて、それに納得できれば合意書などにサインして治療に入る、という流れです。切除法は別の日に予約を入れなおして行われることが多いですが、ほかの治療法であれば、当日行うことも可能です。顔のほくろであれば、メイクをしないで行った方が無難かもしれません。クリニックでメイクを落とすことも可能ですが、敏感肌の人などはいつも使っているスキンケア製品を持参するといいでしょう。どの治療も、基本的に部分麻酔を打ってから除去します。麻酔が効いてくるまでに時間を置くことも必要ですし、カウンセリングから治療に入るまでも少し時間がかかります。忙しい人などは、予約を入れる際にでも大体の所要時間を聞いておくといいかもしれません。