目立たなくほくろ除去できる【炭酸ガスレーザーによる除去がお勧め】

サイトメニュー

電気メスによる除去を行う

顔に触れる女性

安全性の高いレーザー治療

ほくろは人によって、数や大きさには違いがありますが、大変ポピュラーな皮膚の病変なので誰でもあります。首や胸、脇などの体の部分や、顔などに目立つほくろがあると、容姿に悪影響を与えるため、美容外科のクリニックでほくろ除去を受けたい人が増えています。美容外科のクリニックでは、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれますし、悪性か良性なのか確認をするために、病理検査なども行います。直径が5mm以下の小さいサイズの場合は、炭酸ガスレーザーによる除去を勧められることが多いです。炭酸ガスレーザーは、皮膚の深い部分や健康な皮膚には影響を受けないので、安全性に優れています。サイズが小さい場合は一回で施術を終えることも可能です。事前に局部麻酔をしてくれるので、痛みに弱い人も安心です。直径が5mm以上の大きさだったり、皮膚から盛り上がっている形状だったりする場合は、電気メスによる除去を行うことが多いです。電気メスは従来の方法に比べると、傷の治りが早く、傷跡も目立ちにくいなどのメリットがあります。切除を受けた直後は、皮膚に赤みが見られることもありますが、数週間を経過すると、少しずつ目立たなくなってきます。施術を受けた後は、専用のテープを患部に貼ってくれます。ほくろは黒っぽかったり、茶褐色だったりの形状をしており、大きさには多少の違いがあります。サイズが5mm以上だったり、盛り上がっていたりする場合は、費用はやや高めになります。なるべく傷跡が目立ちにくい方法を選びたい場合は、炭酸ガスレーザーによる除去がお勧めです。メスで切除をする方法や、くりぬき法に比べると、傷跡が目立ちにくく、傷の治りも速いので、仕事や育児で忙しい人に向いています。美容外科のクリニックを選ぶ時は、症例数を多く取り扱っており、最新の医療機器を導入している所がお勧めです。カウンセリングや診察に時間を掛けてくれるクリニックを選ぶと、皮膚の病変に合わせた治療を提案してくれます。ほくろはメラニン色素が集まっている状態なので、鼻の下や顎、目の周りなどにあると、容姿に悪影響を与えたり、お肌がくすんで見えたりする原因になります。年齢を重ねて少しずつ大きくなってくるので、悩んでいる場合は、まずは病理検査を受けることが大事です。良性のほくろの場合は、問題なく電気メスや炭酸ガスレーザーによる除去が受けられます。レーザー治療を受けた後は、数日を経過するとかさぶたになって、剥がれ落ちてきます。施術を受けた直後は、皮膚が弱くデリケートになっているので、外出をする時は必ず日焼け止めを使用することが大事です。

美容医療の利点

女性

ほくろ治療を美容外科クリニックで受ける際は、形成外科のスキルを持つ医師かどうかをチェックすると良いです。そうすれば、傷跡が残りにくい治療が期待できるからです。また、レーザー治療であればQスイッチレーザーがより傷跡が残りにくいとされています。

詳しく見る

費用はピンからキリまで

女性

ほくろを取る費用は美容クリニックによって異なります。また、状態によっては数十万円かかることもあります。治療の仕組みや効果などを調べた上で、安心して受けられるところを探しましょう。納得した上で受けることが大切です。

詳しく見る

美容的なメリットがある

顔に触れる女性

ほくろを除去したいという場合は、どんな施術方法を選択するのかがとても大事です。キャンペーンなどを利用することによって、お得にほくろを除去することが出来るようになっています。レーザー治療は、ダウンタイムが無いなどの様々なメリットがあります。

詳しく見る

状態に適した治療法を

カウンセリング

邪魔なほくろは美容クリニックなどで除去できます。レーザーで組織を飛ばす治療が一般的ですが、大きなものには適さず、メスによる切除法が選ばれます。予約を入れてから受診し、カウンセリングでどの治療が適当か見てもらうと良いです。

詳しく見る